C9711584-DA23-4A56-90B0-CCB0080B4D31FD75CE71-3ED5-4FD3-A3E5-3C3FA37C7A15
7E5C4C07-5AAF-4C74-A7E0-7C55753C7C74
9CD04BB9-EAE6-4558-A265-B91CDC12C90B
A6597D0B-C62C-4611-A2D5-5C2AF7EBA70E
AB622A2F-F16C-42F6-A8E6-76FB463C32F9
CD404710-23F7-41E1-948F-FF5E22F8D4A2
059FACD7-372A-490E-A187-5581DA30DF51


ざっくり説明すると、ここで言う支援センターは、発達やメンタルに関することなどを専門医やセラピストに診てもらって、必要があれば療育につなげる機関です。
教育センターは、医療ではなく相談員さんに子育てのことなどを相談できる機関です。
(地域によって名称や支援内容は違ってくると思います)

もっちんの場合、不安の症状が強く出ていたし、発達に関してももし何かあるならばきちんと調べて知りたいし、私は児童精神科で見てほしいという思いがありました。

(待機が多く診察にこぎつけるハードルが高い支援センターではなく、別の児童精神科の方がいいのではと思ったのですが、かかりつけ医に「支援センターのドクターはとてもいい先生だから、待ってでもここが良い」と言われて紹介状を書いてもらっていました。)
精神科っていい先生に出会えるかがとても重要なんですよね。

電話では断られてしまいましたが、この支援センターの児童精神科のドクターに現在は診てもらえています。知能検査(WISC)も受けることができました。
本当にいい先生だったので、他の児童精神科じゃなくて良かったと思っています。

その流れは続きで描いていきますね。